サービス内容

独自の遠隔監視システムで24時間365日全国のサーバ運用・保守を実現。
データセンター・サーバ運用保守サービス『iSTAFF24』

インターネットの商取引など、24時間365日、少しの時間の停止も許されないミッションクリティカルなサーバの運用を実現します。オープンソースソフトウェアNagiosをベースに当社が独自に開発したサーバ管理システム<iNemonic(アイモニック)>を用いて、サーバを移設する事なく当社のデーターセンター内にあるかのような24時間365日体制での、稼動監視・運用保守を実現します。iSTAFF24の最大の特徴は、トラブルを起こさない予防保守、インシデントが発生しても最短のMTTRで回復する24時間の有人運用保守体制です。ネットワークエンジニアだけでなく、ソフトウェアエンジニアも保守にあたるので、サーバ上で稼働するアプリケーションに至るまで保守する事が可能です。

サービスの特徴

■サーバ環境はそのままで、24時間365日、有人対応による最短のMTTRを実現
オープンソースソフトウェアNagiosをベースに開発したサーバ管理システム
<iNemonic(アイモニック)>を使い、サービスレベルを低下させずにサーバの遠隔保守を実現。
サーバの移行・移設をすることなく、当社データセンター内にあるサーバと同様の24時間365日体制の有人による遠隔稼働監視・運用保守を実現いたしました。インシデント発生時には、ネットワーク運用保守のスペシャリストであるアイスタッフが迅速に対応し、 最短のMTTR(Mean Time To Repair)で解決いたします。

■アウトソーシングでコスト削減
サーバ運用保守をアウトソージングしていただくことにより、各社様の夜間コストを大幅に削減。これまでにない費用で24時間365日の保守を実現します。

■アプリケーションまで保守
トラブルを未然に防ぐ予防保守が充実。障害発生が少なく、可用性の高い安定したITサービスを約束します。万一、インシデントが発生した場合には、ネットワークエンジニアに加えソフトウェアエンジニアも保守にあたるので、サーバ上で稼働するアプリケーションに至るまで保守することが可能。障害が解決するまでとことん対応いたします。

処理の流れ

istaff24システム

1.データセンターに設置している監視サーバで、監視対象サーバの(死活・サービス・リソース…etc)監視を、自動で定期的に実施

2.監視対象サーバで障害が発生した際に、監視サーバから特定の宛先(保守端末やエンジニアの携帯等)へ障害メールを送信

3.保守端末で受信した障害メールをトリガーにして、パトライトを稼働し、モニターへ障害内容を表示

4.エンジニアは、障害メール受信やパトライト稼働をトリガーにして、モニターへ表示された障害内容を元に対応を開始

サービス料金

■iSTAFF24
[365日:24時間]  (1サーバ当たり)月額 90,000円(税抜)

■iSTAFF 24 専用レンタルサーバーセット
iSTAFF 24      90,000円 + 専用レンタルサーバ40,000円 = 130,000円120,000円

■iSTAFF business
[平日:9時~18時]  (1サーバ当たり)月額 20,000円(税抜)

■iSTAFF business plus
[365日:9時~18時]  (1サーバ当たり)月額 32,000円(税抜)

データセンター運用受託プラン: 日勤エンジニア数名と24時間365日シフト勤務のオペレータのセットしたデータセンター運用案件を企画提案します。日英バイリンガル対応も可能。サービスレベル・料金はお問い合わせください。